ひまわりの咲く農家の庭

一昨日、お友達のEちゃんからもらったアメリカのエアルームトマトが初収穫できました♪

アメリカでは過剰な品種改良への反発か、在来種を見直す動きがあり、
中でも、その土地その家庭でずっと受け継がれてきた品種をエアルーム(家宝)と呼んで大事にしているそうですよ。
トマトも種から作るようになると、種を採っておいて
来年に生かせるし、続けることによってその土地に合った性質になっていくというのも素敵なことです。
もうEちゃんところで何代か続いているアメリカから来て
信州で育ったエアルームトマト。
大玉トマトはミニトマトとまた違う味わいで好きなのだ。
初めての味は・・ダンナによると味が濃くて美味しいとのこと。
もんきちも、旨みがあって美味しいなぁと思いました。
そして、いつもお世話になっている中嶋木材様から皆様総出で育ててるブルーベリーのプレゼントを頂きましたo(^▽^)o

うーん、美味しい☆
こんなに大粒の立派なブルーベリーがたくさん採れてすごいなぁと感心する。
うちも裏庭に二本あるけど、気が付いたら鳥に持っていかれて食べれたことはほとんどありません。(笑)
いつもありがとうございますm(_ _)m
先日、買った花の苗で玄関先が華やかになってきました。

また、ホームセンターで半額になっていた白いカラーの球根をダメもとで植えたのが
本日開花しました♪

白いカラー、清楚で素敵ですね。。
斑入りの葉もきれい。
庭も色んな花苗を少しづつ植えたのが無秩序に育ってきました。

何を目指しているのかというと、オーストリアの世紀末の画家・クリムトの描いた『ひまわりの咲く農家の庭』を目指しているのだ(笑)

この向こう側にはこぼれ種から育ったひまわりがあって、8月には咲くんじゃないかな。
夏の花が咲く庭って生命力にあふれている様子が普通じゃないかと思うけど、この絵は終末感がにじんでて人生のターニングポイントを過ぎた自分には何だか心地良いのだ。
別に自分は本職の農家でもないわけだし、あくまでもナンチャッテ・・ですけどね(*^_^*)
ひまわりが咲いたら最終的な写真を撮って水彩画のアプリで絵画風に加工してみよう♪
☆大方の予想を裏切っていまだに自給自足生活一位にランクイン中♪
皆さまのおかげです、いつも応援ありがとうございます☆
(下のバナーを押すことで一票を投じることになります。料金の発生などの負担などは一切ありませんのでよろしくお願いします♪)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ